パタヤの市場:夜中のワットチャイ市場で食事

スポンサーリンク

最近夜中にお腹が空くともぞう。

「夜中に開いてるお店なんてない!コンビニだ!」

と思いきや、そんなことないのです!

パタヤは夜の街であります。

ウォーキングストリートやソイカウボーイやホテルが立ち並ぶビーチロードやセカンドロード周辺には、深夜でもオープンしているレストラン、食堂、屋台がたくさんあります。

今回私はパタヤのワットチャイ寺院の近くにある市場に行ってきました。

3時のワットチャイ市場

こんな時間に屋台出てるのか?と思いますよね。

それが、”夜中が一番出てるんです!”

IMG_6037 IMG_6033 IMG_6038

道に端に沿ってずらーっと多くの屋台が出店しています。なぜ多いのかというと、夜の仕事を終えた方がたくさんやってくるからです(警察がやってこないこともあると思いますが)。深夜にはスーパーやその他サービス業の仕事を終えた方々、2時以降はゴーゴーバー、バービア、カラオケなど夜の仕事を終えた方々がやってきます。写真では閑散としてそうですが、実際はけっこうお客さんいます。

私はラーメンをいただきました。

IMG_6034 IMG_6036

タイのラーメンは具材(もやし以外)、スープ、麺の食感など日本のラーメンと全然違います。味は・・・好みが別れると思いますが、私は日本のラーメンの方が好きです。タイの食堂や屋台には上の写真のように調味料や自由にトッピングができる野菜が置いてあり、自分で味の調整ができます。ちなみに私の連れは調味料をかけまくります…特に砂糖、辛子を。めちゃめちゃ甘辛いですが、これが彼女にとってふつうなのでしょう。他のタイの方はどうなのでしょうか?

ちなみに、ワットチャイ市場はフルーツ屋さんが多いのも特徴です。表示されている価格は1kgの値段です。安く、種類豊富にあるので、気になるものがあれば是非試してみてください。

IMG_6040

 

スポンサーリンク