タイでの言語(言葉)は英語?日本語?で会話。嬢たちの語学力

タイに来て、使う言語。

それは、

『英語』

嬢たちと話す時に、使う言語。

それも、

『英語』

日本語ではありません。

たまに日本語が話せる嬢がいると聞きますが、本当にいるのでしょうか?

「一緒に飲む!」

「あなた日本人?」

「酔っぱらい」

などのカタコトレベルではなく、日常会話が成り立つレベルで。

“以前日本語の語学学校に行っていた”と言う嬢を数名知っていますが、皆途中で挫折してます。

つまりほとんどの場合、嬢とは英語で会話をするわけです。

そこで今回は、私がこれまで英語が堪能ではない嬢たちと会話をし、「ん?」となった嬢たちの英語表現を紹介します。

嬢と話す際、会話を円滑に進めるために、嬢のレベルに合わせた英語を使うことをオススメします。

① 所有各が名詞の後にくる

「あなたのホテル」と言いたい場合、

  • 日本語だと「あなたのホテル」
  • 英語だと「Your Hotel」
  • 嬢の英語だと「Hotel You」

となります。

所有各(~の)が名詞の後にきます。

その理由は、タイ語がそういう文法だからです。

「あなたのホテル」が、タイ語では「ホテル あなた」という文になります。

とりあえず英単語を覚え、それをタイ語の文法に当てはめて話す嬢が多いのでしょう。

「それくらいの簡単な文法、学校で学ばなかったのかって?」

おそらく嬢たちはこう答えるでしょう。

「習ってない」

「知らない」

「忘れた」

② 時制がない

「昨日私はハリウッドに行った」と言いたい場合、

  • 英語「I went to Hollywood yestereday」
  • 嬢の英語「I go Hollywood yesterday」

となります。

タイ語は動詞の時制は「現在形」のみです。

過去形現在進行形、現在完了形、未来形に変化しません。

そのため、英語も現在形が多いです。(~ingの現在進行形を使う嬢もいますが)

③ とにかく言い変えよう

「昨夜」と言いたい場合、

英語「Last night」

が通じない場合、「Before night」 や 「yesterday night」と言い変えてみたり、

「美味しい!」を、英語で「Delicious」と言ってしまい、通じなかった場合は、

「Good」や「I like」と簡単な英単語や表現に言いかえると通じることがあります。

おまけ (嬢の日本語)

嬢たちが、カタコトの日本語で話してくることがあります。特に英語ができない日本人と判断された場合に。

例えば、

「あなた!あなた!」

「日本人!」

「飲む!一緒!」

「なに?わからない!」

「早く!行く!」

など。

彼女たちの単語の連発に不快になる方もいるかと思います。

“まぁ大目に見てあげましょう!”

元をたどれば、英語を話せないあなたが悪いのですから。

「こんな日本語知ってるんだ」と楽しんでみたり、

「言い方、発音が違う」と教えてあげてみたり、

してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、

「知ってる日本語を使いたい、話したい」という良い嬢もいれば、

「こいつなんで英語はなせねーんだよ。会話なりたたねー、つまんねー」と仕方無くカタコトの日本語で話しかけてくる嬢もいます。

擦れた2軍嬢以下に多いっぽいですね↓

関連記事:1軍嬢は擦れていない

私はこれまで1軍と言われる嬢と1名しか絡んだことがありませんが、良い子でした。

おわり。

併せて読んでほしい!バンコクの人気夜遊び記事↓↓

【バンコク夜遊び旅行記】初心者の私はゴーゴーバーで即決...

2016.06.23
併せて読んでほしい!パタヤの人気夜遊び記事↓↓

【パタヤで夜遊び!】あなたはどのタイプ?おすすめのルート別で紹介2017

2015.11.17