パタヤウォーキングストリートのクラブ(ディスコ)はID(パスポート)が必須

前回の記事:1年半ぶりのパタヤハリウッド!

の続きです。

週末はIDチェックする?

ハリウッドでサプライズに誕生日を祝ってもらい、久々にリア充気分を満喫していたところ、友人Aの友達(妹)と言う”トムボーイ”が2名やってきました。

友人A「これ私のシスター」

・・・

私 “嘘つけー!!”

友人Aは今だにトムボーイ好きは治まっていなかったようです。

彼女は、

  1. 9ヵ月前まで”トムボーイ”と付き合っていて、破局。
  2. 続いて、”韓国人”と付き合う。現在も続いているというが嘘っぽい。
  3. そして、現在再び”トムボーイ遊び”を再開。

トムボーイだからと言って、初対面から毛嫌いする行為はせず、

私「はじめまして、よく来てくれたね」

と快く歓迎。

その後、私はトムボーイたちと会話をすることはなかったものの、連れたちとエンジョイ♪

飲み・・・、

踊り・・・、

ひと段落ついたところで、

連れ「ウォーキングストリートのディスコに移動しよう!」

と午前1時半ごろ、ハリウッドを出て、ウォーキングストリートへ向かいます。

ソウテウを貸し切ってGO!300Bもしました…この時間、この場所でのピックアップは高くつきますね。

ウォーキングストリートのディスコへ

まず、PIERに入ろうとしますが、

セキュリティー「IDがないと入れません」

トムボーイ2人と従妹がIDを持っていないため、入店することができません。

トムボーイだけなら、ここで別れ、我々だけで楽しむことができたのですが、従妹も持っていなかったため、それは不可能。

続いて、インソムニアへ!

嬢たちの馴染みのセキュリティーだと”そのまま通過させてくれる!”という暗黙の了解も今日は通じず、

セキュリティー「今日はIDがないとダメ」

と一蹴。

ちなみに私はこれまでインソムニアへ行く際、一度だけIDの提示を求められたことがあります。

その理由は、

セキュリティー「お前タイ人か?」

私「いえ、日本人です」

セキュリティー「・・・、IDあるか?」

という流れで。パスポートを持参していなかったため、免許証を提示すると

セキュリティー「入れ」

大丈夫でした。

トムボーイバー「GOT TALENT」へ

次に行く場所が思い付かばず、たたずんでいると、

トムボーイ「私たちのバーに来てみないか?」

と誘われました。

“どういう感じなのか?どういう客がいるのか?”気になったので、初めてソイブアカオ近くにあるトムボーイバーへ向かうことに。

トムボーイバーまでは、セカンドロードに停車していた”普通車”で行きました。

タクシーでも、ソウテウでもなく、トヨタの乗用車(マフラーやライト等、色々いじっていましたが)。

イカツイ兄ちゃんが運転手です。

料金は200B。連れの言う通り、少し安い。

嬢と2人だけだと、どこに連れて行かれるか不安ですが、大人数だと利用しても良い…いや、やっぱり止めたが良いですね。あっち系の人っぽい雰囲気の運転手だったので。

そして無事トムボーイバーへ到着。

続く