おなべが好きな女はレズってわけではないタイ事情

スポンサーリンク

タイに行くとビックリすることの一つ、

『 おなべが多い!! 』

fdh

タイ=おかま(レディーボーイ)が多いという印象をお持ちの方は多いかと思いますが、実はおなべ(トムボーイ)も多いんです。

皆さんは日本での生活を通して、トムボーイを見かけることはほとんどないかと思いますが、タイでは当たり前のようにいます。

私は現在タイのパタヤという町に住んでいますが、毎日のように街中でトムボーイを見かけます。彼女たちはトムボーイバー等のおなべが集まる場で働いている人もいれば、コンビニ等で普通に働いているトムボーイもいます。

さらに、バラエティやドラマ・映画で活躍しているトムボーイもいます。

例えば、

Suppanad Jittaleela ( ニックネーム:TiNa )

・โก๊ะตี๋ อารามบอย(ゴッティー・アラムボーイ)

そのため日本では性同一障害者に対し、希少性みたいなものがあるかと思いますが、タイではそのような認識は少ないです。

しかし違和感等の複雑な感情を持っている人はおり(特に男性)、トムボーイと友人同士になっている男性は見かけたことはありません。

トムボーイと付き合う女たち

gfdh

トムボーイはトムボーイの友達を持ち、女性と付き合います。

さらっと言いましたが、

『 トムボーイと付き合っている女性たちがいます 』

私自身も現にパタヤで女性とトムボーイのペアを毎日のように目撃しています。

まぁ女性と言っても、ここではゴーゴーバー嬢(ゴゴ嬢)のことですが。

そこで疑問に思うこと、

「彼女たちはレズなのか!?」

私はトムボーイと付き合っているゴゴ嬢を数名知っていますが、

“彼女たちはレズではありません!”

彼女たちのすべては、昔男性と付き合っていた経験がある純女たち。

*中にはトムボーイと別れた後、韓国人男性と付き合い始めた嬢もいます。

じゃあ…、

「なぜ!?」

私から直接彼女たちに

「なんでトムボーイと付き合ってるの?」

と聞けるほど関係性は近くないため、連れ(=タイ人彼女)に聞いてみると、

「私もわかんない!」

でも…、

彼女たちはトムボーイのことを女性という見方をしていないらしいです。かといって、男性という見方もしていません。

トムボーイはトムボーイなのでしょう。性別で見ているのではなく、一緒にいて心地良い人⇒好きな人みたいな。

また彼女たちは職業柄、

トムボーイのような、

  • 野蛮でない
  • 肌白くて綺麗
  • 清潔でおしゃれ

なタイ人男性と出会う機会はほとんどありません。

出会うとしたら、その間逆の底辺タイ人くらい。

そのためトムボーイを選択しているのかもしれませんね。

関連記事:パタヤのトムボーイバーでぼったくられそうになる

スポンサーリンク