wechatアプリをタイで使ったら、女性にもてあそばれた話

Wechatアプリとは、

「無料のメッセージ&通話アプリ」

と紹介されていますが、

「出会い系アプリでもあるのです」

中国の大手IT企業が作ったアプリなのですが、タイでもやっている人がある程度おり、「出会える!」という噂を耳にしたため私も始めました。

Wechatなんて二度とやるかと思わされた出来事

Wechatは自分の現在地から1000m圏内にいる人たちが表示されます。

パタヤでwechatをやっている女性の90%はブンブンの出会いを求めている人たちで、さらにその90%のうち50%はレディーボーイです。

そしてそのレディーボーイたちは皆揃いに揃って、写真写りが良いもの、いわゆる写メ詐欺ばかりを載せていますので、ご注意を。

1.あそこの付いたレディーって

一人目。

名前・年齢・どこ辺に住んでいるか等、たわいもない会話をした後、すぐさま彼女が尋ねてきました。

彼女「You want me?(私のこと抱きたい?)」

“展開早すぎるやろ!でもそういう淡々とした感じ・・・嫌いじゃない!”

と思いながら尋ねます。

私「いくら ?」

彼女「3000B 。ロングで」

私「高いな…ショートは?」

彼女「 2000B」

私「えぇー・・・1000B」

彼女「1500B」

私「1000B !ベリーショートタイムで!」

彼女「….OK」

超短時間で終わらせる自信があるというか、すぐに終わってしまう体質の私。それを活かした交渉で、安上がりに♪

私「女性だよね?」

彼女「うん」

そして浮かれ気分まま、翌日会います。

しかし・・・、

「写真と全然ちがうじゃーん!」
「ってか明らかにレディーボーイじゃーん!」

「レディーボーイでしょ?」

と私が問うと、明らかな裏声で

彼女「ちがうよ~~ん」

言い方といい、声の感じといい、

“ほんま腹立つわー!”

私も言いかえします。

私「いやいや、どう見たってレディーボーイでしょ。嘘は付かないでほしい」

彼女「レディーだよ…、ちんちん付いてるけど」

「それをレディーボーイって言うんじゃボケーーー!!」

結局待ち合わせた場所で

「メイアオ(いらない)」

と言い、帰宅。

写真では可愛いのに実物だとこんなに劣るとは・・・ガッカリした出来事でした。

2.別の人物がやってくるという騙された話

2人目。

スクンビット付近でWechatアプリを使った際、見つけました!

“めちゃめちゃ可愛い子を”

IMG_7507
「これは反則やろーーー!!!」

激カワです。ゴーゴーバーにいても1軍クラス並み。

・・・

「なぜ疑わなかったーー!!」

今思うと、なぜ・・・なぜ・・・本人だと信じたのか?悔やまれます。

なぜって、

  1. 写メ詐欺だと思った。しかしこの子を少し酷くしても全然イケる!と有頂天になり、実際はどんな容姿なのか見てみたい好奇心が強かった。
  2. スクンビット付近に家族で住んでいるという彼女の発言から学生かOLで、こういう稼ぎ方が彼女にとって一番やりやすい方法なのだろうと勝手に思い込んでしまった。
  3. この子の場合もすぐに値段交渉となり、交渉が終了すると彼女から「See you tomorrow」という文が送られてきたため、詳細を聞き出すことができなかった。

しかし今思い返すと、怪しい点はいくらでもありましたね。

まず、これ程のレベルの子はフリーランスとして稼げるし、ハイソなタイ人男性が寄ってくるため、体を売らなくても十分やっていけます。

次に、私の部屋でやるわけにもいかず、やり部屋を使用しようとしたのですが、

彼女「部屋を開けたら、ルームナンバーを教えて」

私「え?一緒に行こうよ。一人で入るのもあれだし…」

彼女「ノー!」

私「場所わかんないでしょ?だからどこかでピックアップするから一緒に行こうよ」

彼女「ノー!あなたが先に部屋に入って、ルームナンバーを教えて。そしたら私は行く」

この一点張り。

デリヘルじゃねーか。

そして、ビデオ通話は断固拒否。

彼女をやり部屋で待つ「Full Love Inn」

翌日、やり部屋を見つけなくてはいけません。

パタヤにはWSにもビーチロード付近にもソイブアカオにも数多くのやり部屋があるらしいのですが、私は使用したことがないためまったくの無知。

そのためネットで探してみると、安くで良さげなモーテルを発見!パタヤの有名なローカルエリアにある置屋”クラブ4と007″付近です。

Full Love Inn Pattaya

dsjy

このモーテルを使用することに。

ホームページの写真の感じでは高級モーテルっぽいですが、実際は少し違います。

2,000B~3,000Bで宿泊できるパタヤのホテルみたいな感じです。

IMG_7503IMG_7504

しかし値段はリーズナブル!

ショート(1時間半)で、195B。

IMG_7505

22:00に待ち合わせのはずが

22:00過ぎにチェックインし、彼女にルームナンバーを伝えると、

彼女「OK、30分後に行く」

・・・

“想定内だよ”

タイ人は基本待ち合わせの時間通りにきません。30分程の遅刻は当たり前です。

優しい人、男性、彼氏ではない?久しぶりに彼女と喧嘩

2015.10.26

しかし、30分経っても来ず、

彼女「ごめん!あと20分だけ待って!」

と再び連絡が来ます。

“おいおい”

こういう女性を待っている時間ってすごくソワソワしますよね。

ネットサーフィンをしても、情報が頭に入ってこず、どんな子が来るのかなと妄想ばかりが膨らみます。

IMG_7506

「何度見ても可愛すぎるだろーーー!どう酷くした容姿を想像すれば良いんだよ!」

窓から外を何度もチェックしながら待つこと・・・

1時間後。

「来ねーじゃねーかぁぁぁああーーー!!」

合計1時間30分も待ちました。

どんだけMなんだよ私。

その間ちょくちょく連絡を入れましたが、毎回15分程の間隔で、

「ちょっとだけ待って。今出るところ!」

という返信ばかり。

電話を掛けても繋がりません。

“もしかして、もてあそばれた?はじめから来る気がなかったんじゃ…”

チェックアウトの時間になったので、諦めて帰宅。

すると、帰宅してから10分後に彼女からメッセージが入ります。

彼女「どこにいるのよ!今着いたんだけど、いないじゃない!」

ご対面

本当に来ました。計2時間も遅れて。

ふつうこんなに遅れて来る女性を待つ男性がいるわけないだろうと少し腹立たしい気分でしたが、どんな容姿なのか見てみたいがため、再びモーテルに向かいます。

到着すると、バイタクでやって来た女性が待っていました。

しかし、

「おい!写真と全然違うじゃねーか!!」

田舎から、いやタイ周辺諸国から出てきたばかりの素朴な女の子という感じ。ソイハニーのマッサージ屋にいそうな控えめな子です。決して可愛いとは言えません。

到着して早々、

タクシー運転手「タクシー代60B」

なんと私にタクシー代を払えと言ってきます。

「は??」

女性に視線を向けると、

「あなたが払う」

私が払わないと何も進展しないんだから早く払ってと言わんばかりの雰囲気をかもし出してきます。

仕方なくタクシー代を支払うと、次は、

タクシー運転手「ブンブン代2000B。今払って」

“こいつもグルか”

私「は?今払うの?ふつう終わってからでしょ」

タクシー運転手「ノー、ナウ」

私「いやいやいや」

“こんな子に2000B払うくらいなら、近くのクラブ4か007でやった方がお得じゃないか!この子絶対マグロだよな”

と渋っていると、彼女が携帯を渡してきます。

彼女「ボスと話して」

ボスって…私はタイのデリヘルサービスを利用したようです、写真とまったく違う女性がやってくるデリヘルを。

結果女性ボスと話をしましたが、

ボス「今すぐ払って」

ボス「今!今!今!」

の一点張り。

そのため、

私「メイアオ」

と言い、帰宅。

もう出会い系アプリは当分こりごりだなと思わされた出来事でした。

私みたいな男性がこの写真のようなレベルのタイ人女性と出会うには、

  • ゴーゴーバー
  • 女性が接客してくれるレストラン&バー
  • ディスコ

に行かないとやはり難しいのかな。

おまけ

ちなみにこのデリヘルの業者、最初は1500Bで話しがついていたのですが、私が部屋にチェックインした後に2000Bに値上げしてきました。

「1500Bだと行かない」

「今すぐ返事をよこさないの行かない」

の一点ばり・・・マジきたねぇー(- -メ)

実はBeetalkアプリでも痛い目にあったことがあります↓

タイで人気の出会い系アプリ「Beetalk」をタイで使ったら痛い目にあった話

2016.01.21