タイで人気の出会い系アプリ「Beetalk」をタイで使ったら痛い目にあった話

以前、以下の関連記事を書きましたが、

wechatアプリをタイで使ったら、女性にもてあそばれた話

2016.01.19

実はBeetalkを使い、痛い目にあったこともあります。

出会ったレディーボーイは暴力的

私が知っているタイ人が使用している出会い系アプリ「Wechat、Tender、Beetalk」の3つの中で、最も多くのタイ人が使用しているのが、

“Beetalk”

です。

wechatのように売春婦やレディーボーイ等もいますが、一般の素人タイ人も多く使用しています。

*パタヤは土地柄、夜の仕事に関わっている女性が多いですが。

自分の現在地から数キロ圏内にいるユーザーたちの候補が数百名も挙がってきます。

私もBeetalkを使い、半年程前にある女性と知り合いました。

写真は可愛く、ゴーゴーバーで働いても上位クラスです。

話をしてみると、彼女はウォーキングストリートにある人気ゴーゴーバー「ハッピー」で働いているとのこと。

それではハッピーに行って実物を見てみようじゃないかと思ったのですが、

彼女「今は仕事休んでいるの。私のこと抱きたい?」

この時はゴーゴーバーにいても上位クラス級の女性が出会い系アプリをしているなんて”オカシイぞ”と思ったのですが、彼女の投稿画面に日本の写真が掲載されていたことから、”日本人に囲われているのかな?だから出会い系アプリでお客さん探しているのかな?”と勝手に推測してしまいました。

私「いくら?」

彼女「3000B」

私「高い。1500B」

彼女「2000B」

私「1500B」

彼女「ノー!」

私「じゃあ気が向いたらまた連絡して」

と一旦は切ったものの、その日の夜さっそく返信が来て、

彼女「OK、今夜なら大丈夫」

私「一応確認するけど、女性だよね?」

彼女「うん、そうだよ」

このような流れで、今晩さっそく出会うことになりました。

対面

そして待ち合わせ場所で顔を合わますが、

「写真と全然ちげぇぇえーーーー!!」

写真の印象ではゴーゴーバーの上位メンバーでしたが、実際見てみると売れ残りレベルじゃねーか!

てか・・・

私「レディーボーイでしょ?」

彼女「違うって!」

私「ほんとに?」

彼女「ほんとだって!」

一応あそこ部分を確認してみましたが、

“ない!”

でも・・・、

“絶対レディーボーイだよな”

独特の声調といい、肩幅といい、もろレディーボーイです。

私「本当にレディーボーイじゃないの?」

ともう1度尋ねると、彼女はイライラした態度で、

「違うって言ってるじゃん!!さっさと部屋に行こうよ!!」

・・・

・・・

あー、もう無理だ。

こういう雰囲気になったら、する気がゼロになる私。

あそこは確かにありませんでしたが、近くで見れば見るほどレディーボーイです。

私「やっぱりいいや。帰るわ」

私が帰宅しようとすると、

レディーボーイが怒りだしました。

ヒールを持って殴りかかろうとするレディーボーイ

レディーボーイ「は?何言ってんの?」

私「君のこといらないから、帰るわ」

レディーボーイ「ちょっと待ちなさいよ!!」

私「なに?ってかなんで怒ってるの?」

レディーボーイ「お金!!!」

“まぁチップくらい渡しとくか”

と、財布を取り出しながらもう1度聞きます。

私「なんで怒ってるの?」

レディーボーイ「疲れてイライラしているの!」

私「ハハハ、疲れてイライラって。レディって嘘ついたくせによく言えたもんだね」

レディーボーイ「うるさい!早くお金!」

私「はい、300B」

レディーボーイ「なんで300Bなのよ!1000B!」

私「逆になんで1000Bって言えるの?」

レディー「早く1000B渡しなさいよ!」

するとレディーボーイは私に拳を上げて脅してきます。

私「いや、そんな金ないから」

なぜか怒りがどんどん増していくレディーボーイ。←これはタイ人特有の一度怒りスイッチが入ると頂点に上がるまで収まらない本能的パターンです。

そして遂に自分の履いていたヒールを脱ぎ、私に殴りかかろうとしてきました。

“うわ、ヤバイ!”

最近よくファランがレディーボーイに殴られ流血していたニュースを見ていたのですが、ずっと”なぜ殴られたんだろう”と不思議で仕方ありませんでした。

*特にバーに所属していないフリーのレディーボーイは危険です。スリも多いです。

まさかこのパターンがあったとは。

しかも、

“怪我したら連れにバレる!”

とにかく穏便に事を終わらせるには、

1,000B払うしかない

・・・

でも、払いたくない。

私「ちょっ、マジで殴る気なの?」

レディーボーイ「んん!!んー!!!」

すごく興奮状態のレディーボーイ。もう顔がぶっとんでいます。

私「はぁー・・・わかった。1000B」

レディーボーイ「You are no good man」

「どっちがじゃボケーーーー!!」

ちなみに彼女のハッピーで働いているという発言は虚言ですね。

パタヤで数か月出会い系アプリを使ってみましたが

パタヤで数カ月出会い系アプリを使ってみましたが、イケメンでない限り、可愛い女性と繋がるのは難しいです。

アプリ内に可愛い女性はごく少数しかおらず、彼女らにアタックする男性陣は100名超います。

その中で、ものにしようとするより、ディスコやバー等に行き可愛い女性を探し繋がる方が、効率的&確立的に良いと個人的に感じました。(*パタヤでは)

特にタイでは容姿だけでなく、お金の力も比較的有効に働きますしね。