【羽アリ(シロアリ)が大量発生】原因は?種類は?この時期注意!

スポンサーリンク

今月に入りパタヤは季節外れの雨に見舞われています。

その影響なのか我が家に初めて・・・、

羽アリ(シロアリ)がやってきた

もうですね、本当に最悪です。

風通しを良くするために普段家の扉を開けている時間帯が多いのですが、ある日の21時頃、パソコンを打っていると、上の方でパチパチと音がします。何かなと見上げると、

「うああぁぁぁぁ、きもちわりぃーーー!」

羽の生えたアリが照明の周りに大量に群がっています。

その数・・・数百匹。

初めて見るこの光景にビックリというより、ドン引きしてしまった私。

とにかく”駆除しなくては!”という一心で、すぐさま殺虫剤ですべて駆除。

大量の羽アリが一斉に床一面に散り落ちていきます。

そして掃除をしようとも、足を踏み出す度に羽アリの感触・・・、

「きもちわりいいいぃぃーー!!」

しかし駆除しても、どこからともなくやってくる羽アリたち・・・、

「なんでくるんじゃぁー!あっちいけーー!!」

結局殺虫剤をまるまる1本使い切るまで約30分間も格闘しました。

翌日連れに伝えると、

「殺す必要ないよ。羽アリ(シロアリ)は無害。ていうか庭の電気つけて、部屋の電気消せばよかったのに」

・・・

アホだな私。

羽根アリの正体はイエシロアリ

イエシロアリとは?

6月から7月(梅雨の時期)の19時以降に飛び立ち、電灯などに群がります。

雨上がりの天気の良いムシムシした日に多く飛び立ちます。

体色は黄褐色(頭部は褐色)で、翅は淡い黄褐色(半透明)です。頼りない飛び方をし、着地後間もなく羽を落として歩き出します。

対処法は?

この時期の羽アリは羽を出しで飛び出す結婚シーズンだそうな。

さらに羽の生えた虫でしかも電灯に集まるものは防ぐ手段はなく、近くに朽木あるいは木造家屋で被害にあっている家があれば発生するので自分の家だけ気を付けても意味がない。

そのため羽アリが侵入してきた場合は、

「上手く外へ誘導する!」

がベストな対処法ですね。

羽アリは光に向かって飛ぶ習性があるため、

“部屋の電気をすべて切る”

のが得策です。

弱ってしまった羽アリや羽を落した羽アリの掃除は必要ですが、すべて駆除し掃除するよりは手間がかかりません。

後日5回程やってきましたが、

もちろん入ってこないように、事前に対策をしておくのが一番良い事前対処法です。

“扉とカーテンを閉め、光が漏れないようにしておけば良いだけ”

しかし1度開けっ放しにしてしまい、再び大量の羽アリが入ってきたことがありました。

IMG_7533

だが・・・、

「はっはっはー、庭の電気を付け、部屋の電気をすべて消せば問題なし!」

一部力尽きた羽アリの残骸を掃除する必要はありましたが、上手くさばけました♪

IMG_7576

最後に

パタヤでこの時期に雨が降った際、19時以降窓を開けっ放しにしておくと、羽アリが侵入してくる可能性があるので、ご注意を!

スポンサーリンク