Tiestoを見ずに帰ったMaya Music Festival

スポンサーリンク

「私はこの日をどれだけ楽しみにしていたことか…」

「世界的DJがプレイするサウンドを感じることができる…」

「生のTiestoが見れる!」

Tiestoを見ずに帰宅したMaya Music Festival 2016

18時より開催されるMaya Music Festival。

我々は体力がないため、22時からの参戦。

22時という遅い時間帯でも多数の入場者で入口はごった返しています。

VIP、VVIPチケット保有者は、専用の入口からスムーズに入れると耳にしていたのですが、実際はVVIPのみ。

計40分も並び、ようやく会場へ入ります。

IMG_7790

まっさきに感じたこと…

「可愛い子多すぎやろぉぉおおおーー!!」

見渡す限り可愛いタイ人女性ばかり♪

セクシーで、ビッチの匂いぷんぷんします。

・・・って、のんびりしていられません!POTATOのライブが終わってしまう。

足早にLIVEステージに向かいます。

「観客少なっ!」

IMG_7794

タイで大人気のアーティストのライブというのに、観客はたったのこれだけ。

コアなファンっぽい人たちも20名ほどしかおらず。

連れやゴゴ嬢仲間いわく、

「Mayaはチケット代が高い!」

「ここに見に来なくてもディスコやライブバーなどで頻繁にライブを行うからチャンスはいくらでもあるし、そっちの方が安いしね♪」

IMG_7795

VIPスペースが一番後方で萎えた

続いて、EDMステージへ向かいます。

ステージは迫力ある設計と美しい照明のコラボレーションで、”これぞ大規模EDMフェス!”

しかしVIPチケットの購入者にはVIPスペースで鑑賞できるということだったので、期待していたのですが、

「うおおーーーーい!一番後方じゃねーか!!」
IMG_7803

“VIPって前方の左右に設けられるもんじゃないっけ…?”

DJの影しか見えません(T-T)

そのため、その後一般チケットのスペースに移動してみると、

「全然混んでねーじゃねーか!」

IMG_7806

VIPスペースと同様の混み具合で、よく見える!

結局上の写真の黒の棒周辺までスルスル行くことができました。

『VIPチケットの利点ほとんどないですね』

連れが・・・

Dash Berlinのプレイ時間が終わりに近づいてきたころ、

連れ「ともぞう、わたし気分が悪い・・・」

と胃のあたりを押さえながら、うずくまってしまいます。

連れ「ちょっと外で座ってくるね。」

実は彼女体調を崩していたのです。

連れ「バーで座って待ってるから、ともぞうはこのまま見てて良いよ!」

ま・さ・か・の、

ドS女王様が私に気遣ってくれています。

さー、ともぞう、

“Tiestoを取るか?or彼女を取るか?”

・・・

⇒簡単な選択肢じゃ!

「彼女を取るに決まっとるやないか!」

Mayaの会場には至る所にドリンクショップがあり、来場客のほとんどがビールを飲んで、酔っぱらっています。ライブ場にも持って入ることができ、皆テンションあげあげでライブに臨んでいます。

IMG_7804

そのためその中で女性を一人放置させるわけがなく。

「よし、帰るか!!」

・・・

“うああああー、Tiestoぉぉぉおぉおー!私のEDMフェスがぁーー!6,000Bがぁぁーーー(T-T)”

と何度も心の中で叫びながら帰宅。

でも個人的にこういう予想外な展開は嫌いじゃありません。てへ

スポンサーリンク