【旦那や彼氏が風俗に行く】ゲスの理由が最近理解できた

最近ようやく理解できるようになりました。

「なぜ男は妻や彼女がいるのに、他の女を抱きたいのか?」

様々な理由があるかと思いますが、ここではその一つ

“性欲を満たす対象として見れなくなったから”

について述べていきます。男である私も実感している次第です。

まず欲とは、

生理的・心理的に必要なものが不足または欠乏しているとき、それを補うための行動を起こそうとする緊張状態

のことを指します。

このような状態になると、人間は、

「ああぁぁーー!欲満たしてー!!」

という衝動に駆られます。

次に、人間が満たしたい欲には段階があります。

<<マズローの欲求5段階説 >>

5dshd

下の階層が満たされると、より上の階層の欲求を欲するというものです。

つまり人間の根底にあり、必ず満たしたいと欲する欲求が「生理的欲求」です。また下の欲求が満たされることにより、上の高次元の欲求を強く欲し、それを満たすため集中的に挑むことができるというわけです。

生理的欲求とは、

生きていくための基本的・本能的な欲求。摂食欲求(食欲),性欲求(性欲),睡眠欲求(睡眠欲)などを指します。

性欲とは、

性欲とは、性的欲求を充足させることを目的とした強い衝動である「リビドー」 であると考えられる。個々にどのような欲求が生まれ、どのような方法で充足させるかは、個人差が大きく一般化することは困難である。

男性の性欲と年齢の関係については、思春期がもっとも性欲が強いと言われ(より具体的には19歳がピークだとされている)、年齢とともに低下する。性欲の抑圧(欲求不満)はヒステリーの原因にもなる。

このようなことから性欲を満たすことは、人間にとって生物学的にも心理学的にも必要だと理解できるでしょう。

そのため男は理性より本能が勝り、性欲を満たしてしまう人も多いのです。

家族の分類になった

yjh

妻や彼女がいる男性は、

“パートナーで性欲を満たせば良いじゃないか!”

と思う方もおられるでしょう。私も以前までそう思っていました。

しかし、

“あさはかな思い込みだった”

と現在実感している次第です。

私も彼女というパートナーがおり、約2年間同棲していますが、彼女のことを恋人ではなく、家族のような存在として捉え始めるようになりました。

⇒つまり『彼女のことは愛しており、かけがえのない存在なのですが、性的な魅力が感じられなくなった』

というわけです。

そのため、

“風俗に行き、生理的欲求である性欲を満たす。決して心は揺れ動かないが!”

というわけなのですが、一般的にこれは倫理に反しており、女性の立場からすると”最低の男”として見なされるでしょう。

「じゃぁこの性欲はどう満たせば良いんだよ!!」

「極上を知った男がマスターベーションのみで十分に満たされると思っているのかよ!!」

皆さんはどう思いますか?

→「性欲を優先させたいなら、性欲が収まってから、女性と付き合うべきです」「今の彼女に失礼です」

という実直な回答が多そうですね(^^;)

*最後に*

ここではパートナーがいる男性が風俗で性欲を満たすことを肯定していません。そのような気持ちになる衝動を私は理解できると述べているだけです。

仮に結婚している方は、配偶者の無許可での他の女性との性行為は、法的に「悪」とされていますしね。