タイでDtacのプリペイドSIMカードを購入した

スポンサーリンク

DTACとは?

IMG_7878

タイのキャリア業界第2位「dtac」。プリペイド・サービスのブランドは「Happy(ハッピー)」です。

dtacの特徴は、

  • 外国人旅行者向けパッケージを他社に先駆けて販売開始。使い勝手のよさから今でもこの分野では業界トップ。
  • 通信エリアが業界トップであるAISの次に広い(地方でもだいたい繋がる)。
  • LTE網はTrueに追随する充実度。
  • 外資系(ノルウェーのTelenor)が運営しているので外国人向けサービスが手厚い。
  • トップアップ(プリペイドのケータイ番号にチャージすることをタイではこう呼ぶ)を繰り返さなくても安価な手数料で有効期限を延長できるので番号の維持が楽。などが挙げられる。(4travel.jpより引用)

DtacのプリベイドSIMカードの種類と料金

IMG_7879

実際にパタヤにあるDtacショップでSIMを購入しようとしたら、上の一覧表を提示され、この中から選ぶよう言われました。

「Internet 3G/4G Unlimited max speed for 12GB/799Baht including vat 7%=854.93B/Month」

⇒「データ容量12GBまでは4Gで使え、超過後は3G。税金込みで1ヵ月854.96バーツ」という意味です。

基本的に毎月各SIMプランの料金を払いながら使用しますが、後から通話料、通信速度、期間などの調整・変更・プラスなども可能です。

5klk4gk

購入時は、+49Bのシム代がかかります。あとパスポートが必要です!

ちなみに通話料は1分0.99Bです。

旅行者用のプリペイドSIMカードはスワンナプーム空港のみで購入可能!?

ydsg

Dtacが旅行者向けに提案しているSIMカード「HAPPY TOURIST SIM」。

このSIMはあるかと尋ねたところ、店員いわく「スワンナプーム空港にしかないよ」とのことです。

詳細はDtacホームページをご覧ください。

最後に、SIMカード購入時にSIMフリーの携帯端末を店員さんに渡すと、店員さんがすべて設定してくれ、すぐに使えるようになります。

タイのパタヤトゥッコムで携帯(スマホ)"WIKO"を購入した

2016.01.16

スポンサーリンク