パタヤのおすすめプール「Cartoon Network Amazone(CN)」に行ってきた

スポンサーリンク

タイのパタヤにある巨大プール場「Cartoon Network Amazone(略してCN)」に行ってきました。

今回で2回目です。

場所、行き方、料金、営業時間などの情報は下の関連記事をご覧ください。

ラン島ビーチに行くならパタヤで一番楽しいプールに行くべし!

2016.03.26

Cartoon Network Amazone Pattaya

IMG_8531IMG_7891

アメリカのキャラクターをモチーフにして作られたアトラクションプールです。

カートゥーン ネットワークとは、アメリカを本拠地に世界展開を行っているアニメ専門チャンネルである。カートゥーン ネットワーク・スタジオで制作されたカートゥーン ネットワークオリジナルアニメも放送している。

入場料が外国人大人1人1,590B(約5,200円)、タイ人大人1,290B(約4,200円)。とタイでは高額のことから、ハイソなタイ人と外国人が多いです。ちなみに低所得者向けのプール「パタヤパーク」は一人100B(約330円)です。

しかし個人的にパタヤで泳ぐなら、CNが最も楽しい場所だと感じます。

なぜなら、

  1. アトラクションが豊富で
  2. 設備が新しく綺麗で
  3. 人が少ない(特に平日は)

からです。

入場料さえ払えば、飲食・ロッカー・プライベートテント以外、アトラクション・浮き輪・パラソルとビーチチェア・シャワーなどはすべて無料で利用できます。

日本では見かけないエキサイティングなアトラクションが、スライダーを中心に10種類程あります。

IMG_7896 IMG_7897 IMG_7886 IMG_7893 IMG_7894 IMG_7895

ビーチチェアは場内の至るところに置いてあります。波のプール近くが景色が良いのでおすすめです。

IMG_7890 IMG_8538IMG_7889 IMG_7888

子供向けのウォータースライダー広場です。

IMG_8532 IMG_8534

食費は高く付きます・・・。

一番安いチャーハンセットで199B。水は30B、コーラは60B、カフェラテは120Bです。タイの屋台や食堂で売られている値段の約5倍はします。ちなみに今回大人6人、子供1人、幼児3人で行ったら、食費の合計は3,000B(9,900円)ほど掛かりました。

IMG_7898

まずリストバンドにお金をチャージして、その後各店で料理を注文し、リストバンドで支払います。

IMG_7899

男女グループや子連れのファミリーが多いため、ナンパ目的で来る場所ではありません。

男性ならラン島やパタヤパークに何度も行き、飽き飽きしているタイ人女性たちを連れて行ってあげると喜ぶはずです!一緒に楽しめるアトラクションが多いため、女性との距離も近くなりやすいと感じます。

ラン島ビーチに行くならパタヤで一番楽しいプールに行くべし!

2016.03.26

スポンサーリンク