カシコン銀行のキャッシュカードがカシコンATMに飲み込まれた!

スポンサーリンク

「うわあぁぁーーーぁ・・ぁ・・・・あ」

と頭の中で声が響くとはこういうこと。

怒りと悲しみが一気に込み上げてくる瞬間です。

カシコンATMからキャッシュカードが出てこない!

場所はバンコクのBTSナナ駅の2番出口から降りて、10mほど先にあるカシコンATM。

IMG_8166

上の写真はBTSナナ駅の2番出口から歩道へ降りたところで、この先10m左手にキャッシュカードを喰うカシコンATMがあります。

IMG_8168

時刻は21時ごろ。

いつも通りキャッシュカードを入れ、現金を引き出そうと暗証番号を入力し、引き出しのボタンを押したのですが、

“次に進まない・・・”

そして固まってしまい、エラー表示に。

「なんで夜遊び前にこうなるんじゃー!!ヾ(`Д´*)ノ」

IMG_8169

幸いにも隣にカシコン両替所があり、スタッフがいたので、助けを求めました。

すると彼女は「OK」と言ってくれ、とりあえず一安心。

しかし、

彼女は一向に出てくる気配がしません。

何をしているのか覗いてみると、閉店作業をしています。

・・・

“タイ人らしいぜ”

自分のすべきことがあれば、それを最優先するタイ人らしい行動です。

しばらく待っていると、若いタイ人男性がそのATMを使うためにやってきました。

私「ちょっと待って!そのATM壊れてる」

と私が忠告すると、

男性「○×△□」

中国語で話しかけてきます。

この男性は中国人なのかな?と思っていると、次は「What happened?」と英語で話しかけてきました。

タイ人のようで、中国語と英語を流暢に話す好青年です。

私のことを中国人だと思ったらしいです。・・・コラっ!わら

そのタイ人青年が救世主に

事情を説明すると、彼も隣のカシコン両替所のスタッフに事情を説明しに行きました。しかし、彼女は閉店作業で忙しく

“画面に表示されてある番号に電話してみて”

とだけ我々に告げました。

・・・

⇒”ここで引きさがるな!!”

今ここでこの青年が去ってしまうと、私だけでサポートセンターと上手く意思疎通しなければなりません。彼の流暢な英語は非常に理解しやすく、彼に通訳として間に入ってもらいたいと思い、思い切って頼みました。

「電話してくれませんか!!m(_ _)m」

すると彼は快く

「OK」

と承諾してくれました。

結局どうなった・・・?

カシコン銀行のサポートセンターには日本語が話せるタイ人スタッフがおり、青年が彼と話せるようセッティングしてくれました。

現時刻21時半は、すでに営業外で、

“早くて明日の11時に取り出せる”

とのことでした。

しかし明日にはタイを出国しなければならない私には不可能な話です。

このことを説明すると、タイ人スタッフは「ならば一旦口座を止めましょう。その後カシコン銀行の窓口で口座の再開&カードの再発行ができます」。

”これしかありませんね”。

結局その場で口座を停止し、後日通帳とパスポートで口座の再開&キャッシュカードの再発行(無料)で行いました。

最後に彼に感謝の気持ちとして100Bを渡そうとしたのですが、彼は、

「NO、NO、NO、いらないよ」

と20分も拘束させてしまったのに、この神対応。

この件はすべて彼に助けられました。彼がいなかったらこの問題を解決するまでに、もっと時間もかかり、精神も消耗させられていたでしょう。

本当に彼に感謝です!

一方でカシコン両替所のスタッフは、その後何も言わずにスタスタと帰って行きました。

何か困ったことがあり、タイ人に助けを求める際は、助けてもらう人を選ぶことも大事だなと感じました。

あのATMは二度と使わないぞ!ヽ(`Д´)ノ

スポンサーリンク