本能的でプライドの高いタイ人と喧嘩した場合の避け方

スポンサーリンク

まずこのやり方は喧嘩の仲直りの方法としては正しくはありません。

しかし!

このやり方は喧嘩を最も穏便に済ませる良い方法の一つだと思います。

もし喧嘩相手が本能的でプライドの高いタイ人だった場合には特に。

本能的でプライドの高いタイ人と喧嘩した場合の避け方

sshjh

私の連れ(彼女)は、頭に血が上ると理性より本能が勝ってしまい、冷静でいられなくなります。

一旦スイッチが入ると、自分がスッキリするまで収まりません。その間においては絶対に謝りません。意地っぱりです。

つまりここでは、

“そのスッキリさせるためにはどうすれば良いのか?”

という話をしていきます。

ちなみにこれは連れだけではなく、報道を見ているとそういうタイ人って多いなと感じます。まぁニュースになる程の出来事なので、大抵は底辺と言われるタイ人層ですが。

例えば、

『むかついたから、殴ったor殺した』

頭に来たら手が出るタイ人って本当に多いですね(- -;)

日本人もかっと頭にきたら本能的な行動を取りたくなる瞬間があるかと思いますが、先を見据えて、理性で抑えますよね。

しかし連れのようなタイ人は違います。

具体的にどうなるのかと言うと、

①相手の言い分を受け入れなくなる。

議論になりません。私が的を得た言い訳を主張しても、それを受け取ってくれません。そしていきなり違う話題を持ち出します。

「それさっき言ったじゃんorそれ関係なくない…?」

みたいな話題を。

②良し悪しではなく、勝ち負けを気にする。

その話題でも私が論破するようなことがあれば、

連れ「え?なに?私に勝った気でいるの?自分のことは棚に上げて、開き直ってんじゃねぇよ!!」

私「だからそれはさっき片付いたじゃん。勘違いって。だからもう喧嘩は終わり!」

③自分の感情を解放させればそれで良い。

これで終わるわけありません。

なぜなら連れはまだ怒りの感情を発散できていないからです。

そのため、

連れが私より勝る状況を作り、怒りの感情が発散することで、スッキリさせる

そういう状況を作り出すことにより、喧嘩を終わらせます。

私の場合は、事の原因を突き止め、解決法を見つけることが喧嘩の目的であり、それがスッキリする要因となるのですが、連れは事の善し悪しでも、原因の解明でもなく、自分が相手より勝ればそれだけでスッキリするタイプなのです。

日本にはいないタイプですね。

相手が自分より勝っているような振る舞いをすれば喧嘩は終わる

もしタイ人が怒りの感情を発散できないまま、口論を続けていると、次は手が出てきます。

日本では手を出したら負けという慣習がありますが、タイ(上記のようなタイ人層)では「勝てば何でもえぇんじゃ!」という慣習があるように思えます。

頭に来ることによって、恐怖、懸念、非道という考えが働かなくなるのでしょう。

“おまえが悪いから仕方が無いんじゃ!”

みたいな本能的で自分勝手な考え方をします。

そのため手を出されたら、危険です。

これは嬢との喧嘩の話だけではなく、若いタイ人やレディーボーイやタクシー運転手などのいざこざの場合です。

レディーボーイと言えば、2ヵ月ほど前にパタヤで日本人がレディーボーイ2人組にリンチされましたね。さらに最近ホアヒンで欧米人ファミリーがチンピラタイ人にボコボコにされましたね。

喧嘩しないことが一番なのですが、もし喧嘩をしてしまった場合は、どのように相手が勝るように振る舞えば良いのでしょうか?

個人的な意見は、

●相手が文句を言い始めたら、申し訳なさそうな顔をして、下を向いて頷いていれば良い。時折「ソーリー」を交えながら。たとえ相手の言い分が間違っていたとしても。そして速やかにその場を離れる。

それでもボコボコにされそうになったら、

●ダッシュで逃げる!!

●土下座するか、泣く。これらはあくまで一例ですが、ポイントは論理的に相手の考えに訴求するのではなく、叙情的に相手の感情に訴えることです。

●金で解決する→頭にきた底辺タイ人でもお金の重要さは本能的に理解できるので、取り持ってくれるかもしれません。

以前どこかのブログで、パタヤで地元のタイ人が集まるディスコにタイ人の知人と一緒に行き、調子に乗って騒いでいたら、地元のチンピラどもに目を付けられて、ディスコの前で待ち伏せされたという出来事があったそうな。結局知人のタイ人に金を渡し、示談してもらったそうな。ハメられたのかは不明ですが。

最後に私ごとで締めますが、

このような彼女ですが、私は変人なのでこういうのを、

「おもしれぇぇーー!」

と思ってしまうのです。

  • 日本では味わえないタイらしい体験をしている!
  • まだつかめない彼女のことに好奇心が湧く、面白い!
  • 舐めて俯瞰していると、足元すくわれるキレと発想の良さに仰天!

など。

まぁ常に波乱万丈ってわけじゃなく、時折というのもあるんでしょうが。

スポンサーリンク