パタヤでタイ語の勉強!語学学校へ!

スポンサーリンク

私がパタヤでタイ語を習うため、実際通っていた語学学校を紹介します。

gerh

 

学校名「Languages & Computers House of School」

個別指導(1対1)で、毎回先生がテキストをコピーしたプリントをくれ、それに沿って英語で授業を進めます。
授業料は20時間7000Bで、初心者の私は週3回1時間にしました。授業日時は自分で自由に決められます。タイ語初心者の方は、まずたくさん暗記をしないといけないので、個人的に1日1時間くらいがちょうど良いかと思います。その1時間で文法や発音を習う感じで。
当時先生は3名おり、年配の方1名と若い方2名の女性教師です。皆さんフレンドリーです!私は若い先生が担当してくれ、授業はゆるく、楽しい雰囲気で授業を行ってくれました(私がゆるく楽しく授業に参加していたのでそれに合わせてくれたのでしょう)。ちなみに私の先生は、毎回私が課題をしてる途中、窓ガラスに映った自分を見てドヤ顔を決める癖があります。もちろん私は一切ふれませんでしたけど。
個人授業なので、自分のペースで勉強できるのが良いところです。宿題を増したい!質問がたくさんある!会話中心の授業にしてください!明日用事があって行けません!など融通が利きます。
授業を休んでも、その回の授業時間はカウントされず、次回に持ち越されます。なので、短期旅行者の方でも今回消化できなかった授業時間は、次回また来るときに受講できます。

場所は、ビックCエキストラの近くで、そこから学校まではSoi Paniad Chang 17を通り、(画像はビックCエキストラが見えるので、進む道とは逆向きです)

egsd
突き当りを左折し、1分ほど歩くと右手に見えてきます。

*留学ビザは取り扱っていません。

タイに行く前、”日常で使う「簡単な単語やセンテンス(文章)」を覚えていこう!”

なぜなら、

①タイでの生活が非常に楽しくなり、タイ語を勉強する良い循環が生まれます!

パタヤには外国人が多く住んでるので、英語が通じる人やお店もありますが、基本的に”タイ語”です!こちらが日本人と分かっていても、タイ語で話しかけてくる人はたくさんいます。その時、その人が言ってることが理解できたら、ほんとうに嬉しいです!めちゃめちゃモチベーションアップします!さらに生活しやすくなる、怖くなくなるので、外に出かけたくなります。そうなると、そこで使うだろう新たな単語や文法を覚えようと思い⇒良い循環が生まれます!

②学校で覚える初級の単語や文法を知ってるので、授業が楽勝になります!個人授業の場合は、その分の説明をぱぱっと済ませてもらい、その分早く中級へ行くことができます!時間の短縮、お金の節約になりますね!

私がタイに行く前に実際使っていた教材(入門書)です↓↓

日常会話で使う簡単な単語や文法をイラスト付きで見やすく分かりやすく解説してあります。発音はカタカナのふりがなが振ってあります。1レッスン10分程度と内容を詰め込んでないので、忙しい人でも余裕です。会話文が載っているので、個人的にその”会話”を丸暗記するのが、オススメです!なぜなら、実践で自分が使うandタイ人が使っているのは、単語ではなく、会話だからです!またこのテキストには付いていますが、タイ語の教材を買おうと思っている人は、必ずCD付きを買ってください!タイ語は発音が難しいので、CDで発音を確認する作業は必須です!

*その他のパタヤ語学学校については、この方のブログのこれこれに多く紹介されています。

スポンサーリンク