元ゴゴ嬢、元バービア嬢と結婚!?お姉さんおめでとう~

スポンサーリンク

先日連れから嬉しいニュースを聞きました。

連れ「姉さんが○○○と結婚するんだって!」

私「え!?どういうこと!?」

連れ「来月○○○がタイに来た時に婚姻届を提出するんだって!」

・・・

「おめでとぉぉぉぉーーーーーい!!」

国際結婚する連れのお姉さん

thymjd

まずお姉さんとは当ブログに度々出てくる問題児姉さん。元ゴゴ嬢→元バービア嬢→囲われの身という経歴。

そして○○○とはお姉さんと1年半程前からお付き合いしているオーストラリア人男性です。

どちらもバツ付きの子持ち。

お姉さんがバービアで働いている時に知り合い、冷めることなく愛をはぐくんでいったというわけです。

このオーストラリア人男性、頻繁にパタヤに来てました。

「また来たんかい!」

とビックリする程(1ヵ月~2ヵ月に1度)、パタヤまでお姉さんに会いに来ていました。

その度にお姉さんの実家に運転手として連行されていたのは可哀相に見えましたが(- -;)

彼が何の仕事をしているかは不明ですが、頻繁に海外へ行ける=彼女に会いに行ける環境だったのがここまで愛を持続できた主要因ではないでしょうか。

ちなみにお姉さんはオーストラリアに1ヶ月程滞在していたこともあります。その時に彼の両親に挨拶したのでしょう。

さーて、タイ人と結婚となれば、

「結納金はどうすんじゃい!!」

お姉さんは実家(母親)に金を入れることはめったにないため、結納金・・・どうなるんだろうか。結婚式はやらないだろうな、二人とも良い歳ですし。

連れからの一言

jthrj

このような報告をされれば、この一言もついてきます。

「ともぞう~、私はいつ結婚できるのかな~?わら」

付き合い始めて、もう2年3ヵ月。お互い良い歳です。

結婚かぁ・・・

“単に一緒にいて、すっげー楽しいから結婚して良いのか?”

“単に一緒にいて、すっげー楽だから結婚して良いのか?”

周りの気持ちも考えなくては・・・

“愛することができない連れの子供は?自分の両親は?”

先のことも考えなくては・・・

“連れの家族に毎月お金を入れるなんて絶対にありえない!”

“タイに一生暮らす覚悟はあるのか?”

“他にもっと良い女性と出会うかもしれないぞ!”

「どうすれば良いんだぁぁぁあーーー!!」

考え方に迷った時の心の支え”アドラーセンセ~”。

【こんな人なら結婚すべき6つの資質】

①知的な適合性
②身体的な魅力
③友情を維持する能力
④自分よりパートナーに大きな関心を持っている
⑤職業をうまくやっていく能力
⑥お互いに協力し合う姿勢

アドラー流の幸せになれる結婚相手とは?

私たちは全てのことを自分で選択をしている。『あの人のせいでやる気がなくなった』のではなく『やる気をなくす』という決断を自分でしただけである。『痩せたいのに痩せられない』のではなく『痩せない』という決断を自分でしているだけなのだ。誰のせいでもない。
自らの生について、あなたにできるのは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」、それだけです。一方で、その選択について他者がどのような評価を下すのか。これは他者の課題であって、あなたにはどうにもできない話です。
判断に迷った時は、より大きな集団の利益を優先することだ。自分よりも仲間たち。仲間たちよりも社会全体。そうすれば判断を間違うことはないだろう。
もうあなたもお気づきですよね?すなわち「幸福とは、貢献感である。」それは幸福の定義です

Amazonランキング大賞2016上半期の本部門で第2位となったベストセラー「嫌われる勇気」。モヤモヤしてスッキリしないお悩み中の方は一読の価値ありです。

スポンサーリンク