【ラン島を観光した感想】一人旅しても楽しくないし落ち着かなった理由

スポンサーリンク

バンコクのエカマイバスターミナルからバスでパタヤの北バスターミナルまで行き、その後乗り合いソウテウでパタヤビーチまでやって来ました。

パタヤはバンコクと違い、南国のゆったりした雰囲気があって心地良いです。

“開放感がきもちぃぃぃーーー!”

海の風に当たりながら、ラン島行きのフェリーが出ているバリハイ埠頭まで歩いて向かいます。

DSC01904 DSC01903

パタヤ最大の繁華街「ウォーキングストリート」に到着!午前中なのでどのお店もまだオープンしていません。またウォーキングストリートは19時?20時?ごろまで車やバイクの通行が可能です。歩道が狭いため、歩きにくい・・・。

DSC01900    DSC01881 DSC01880

バリハイ埠頭に到着!パタヤビーチからは合計30分~40分ほど歩きました。

そして一番安い片道30Bのフェーリーチケットを購入します。チケットはバリハイ埠頭の建物内にあるカウンターでも、フェリーの乗船入口場でも、どちらからでも購入可能です。行き先がナーバーン埠頭行きと、タワエン埠頭行きの2つあるので注意しましょう。私は降船後、すぐにタワエンビーチが広がるタワエン埠頭行きのフェリーに乗船。所要時間は50分~1時間ほどでした。

DSC01898DSC01882 DSC01883 DSC01885 DSC01886

ラン島付近まで来たら海が綺麗だとネットに書いてあったのですが、道中まったく綺麗な海は見られず、”たいしたことないんじゃ…”と失望しながらラン島に到着。

しかし着いてみるとそこには、ほんのりですがエメラルドグリーンの海が!!

「きれい~♪」

DSC01889 DSC01890 DSC01891 DSC01894 DSC01897

真っ白な砂浜に透き通った海。

・・・

・・・

遠くから見ればの話ですが。

近くで直視してガッカリ。たいしたことないです。日本海の海水浴場といった感じでしょう。

DSC01892

リゾート地と言うには程遠いクオリティー。

リゾートの雰囲気ゼロ。薄汚いお店とレストランが連なっています。

さらには中国人観光客がツアーで大勢やってきており、ガヤガヤうるさい・・・。

というか

「一人でこんなビーチ来てもつまらんわぁぁぁあああ!!」

今ごろ悟りました。

“こんな島まで来て、自分は何がしたかったのだろうか・・・?”

“こんな島で感銘を受ける可能性なんてあるのか・・・?”

おそらく到着して1時間も経過していなかったでしょう。

→帰りますか(- -;)

他のビーチに行く選択もありましたが、下の写真のような私がイメージしていたリゾート地にありそうな小奇麗なレストランやカフェなんて無いだろうと思い、帰りのフェリーに乗船。(実際ありませんが。)

ラン島 レストラン カフェIMG_7251

ラン島のタワエンビーチは大勢で水遊びを楽しむ場でした。

*人が少なく、静かなビーチでくつろぎたい方は、ソウテウでタワエンビーチ以外のビーチに行くことを強くおすすめします!

ちなみに帰りの便の最終はナーバーン埠頭発18:00、タワエン埠頭発17:00です。ラン島に到着したら帰りの便のスケジュールを確認しておくと良いでしょう。

個人的には楽しむのを重点に置くなら、海よりプールがおすすめ!(一人ではなく複数人推奨)

「パタヤに来たら、泳ぐぞ!」

とワクワクしている方は多いことでしょう。

“さぁどこで泳ごうか…海にする?それともプール?”

普通に考えれば、

  • 海だと→ラン島
  • プールだと→パタヤパーク

がメジャーな選択になってきますね。

しかしぶっちゃけ2つとも微妙・・・。なぜかというと、ラン島は言うほど海がキレイではなく、レストラン・トイレ・シャワー室・道路・・・すべて汚い。さらに中国人団体客が多くて萎える。リゾート地と言うには、程遠い場所です。

そしてパタヤパークはと言うと、物足りない田舎のプール場という感じです。

じゃあ、

『どこが良いのか!?』

私が一番オススメしたいのは、”カトゥーンネットワークアマゾン”のプール場です。

thr tky kjt reh yjtk

海に固執しない人や、少々料金が高くても気にしない方にはピッタリの遊び場です。

なぜなら、

  1.  2013年オープンなので、すべてキレイ
  2.  ベンチ、ロッカー、シャワー室、浮輪などの設備がすべて充実している
  3. .最も魅力的なのは、日本でもあまり見ない最新のアトラクションが多いので、1日中楽しめます!!

しかーし、入場料と飲食費は高くつきます・・・。

外国人大人1人1,590B、タイ人大人1,290B。フードコートの食べ物は一番安いもので199B。ピザは360B。ハンバーガー&ポテトは300B。タイ料理は260B。水は30B、コーラは60B。飲食の持ち込みは禁止で、入場の際バッグの中身をチェックされます。

事前にインターネットで予約をしておくと、お得なプロモーション付きなのでお得です。

例えば、現在だと以下のような特典・プロモーションがあります↓

ttyk hweg

平日は人が少なくて、快適でした!ウォータースライダーのアトラクションもほとんど待たず、スイスイ乗れます!

ちなみに嬢たちは、ラン島やパタヤパークには何度も行ったことがあり、退屈らしいです・・・。確かに私もこれまで3度もラン島に行ったことがありますが、退屈なので、わざわざフェリーに乗って、透明度が高くない海、完成度の低いビーチに行きたいとは思いません。

そのため、このプールに連れて行ってあげると喜ぶはずです!

営業時間は、10:00~18:00。

場所

行き方は、往復送迎の乗合バンを利用するのがベストです。1人往復300B。

trhjg

もしくは、ソウテウタクシーで行く。運賃はパタヤ市内からだと300-500Bです。ほとんどの運転手は500Bと言ってくると思います。私が行った際は、連れが運転手と交渉してくれ、交渉3台目のソウテウでようやく300Bで行くことができました!所要時間は20-30分。

とにかく安く行きたいという方は、スクンビットを通っているソウテウで行けば10Bで行けます。場所はスクンビット沿いにあり、アトラクションが目立つので、遠くからでもすぐ見つかります。一応行く前に運転手に行くかどうか確認すると良いでしょう!

IMG_8530

帰りは出口に乗合バンが待機しています。もしくは スクンビットを通っているソウテウを利用すると良いでしょう。

追記:バイクをレンタルしても良いですね。

ホームページ:Cartoon Network Amazone Pattaya

スポンサーリンク