パタヤのソイ6(Soi6)置屋街、バービア街を歩いてみた!まとめ

パタヤのソイ6(Soi6)にある置屋街(バービア街)に行ってきました。

ソイ6を初めて歩いてみた 夜編

erhg

今までバイクで通ったことはあるんですが、歩いてしっかり見たのは初めて。

ネットに「ごく稀に原石がいる!」と書いてあるのを見つけ、その子に会えるかもしれないと、期待が膨らみます!!

erhjt

23時くらいに行き、まずビックリしたのが、

“客少なっ!!”

歩いてる人も飲んでる人もほとんどいない。バーの表にファランが数人飲んでいるだけです。

すると前を歩いていたファランが、カーテンで仕切られた、とあるバーに入って行きます。

「なるほど!ソイ6ってすべてがオープンスタイルのバーではなく、ゴーゴーバーみたいに中に入って飲むお店もあるんですね。というかそのお店はゴーゴーバーだったのか・・・?」

追記:店内に入って飲むバーもあれば、ゴーゴーバーもあります。

とりあえず、外にいる女の子たちを物色します!

が…、

“可愛い子全然いない”

この時間帯だからなのか、可愛い子が見当たりません。おそらく数少ない可愛い嬢は、すでにお客さんと寝ているorペイバーされたorお客さんと中で飲んでる可能性が高いですね。

23時には行くもんじゃありません・・・。

kjkh

↑↑お店の写真撮るね!と言いながらカメラを向けると、女の子たちが一斉にそっぽを向きました。写真撮られるの嫌なんですね。

vthngbthehgryj

ソイ6を歩いてみた 夕方編

前回は23時という遅い時間のせいもあってか、”可愛い子全然いなかった…”。

なので、今回は夕方17時ごろに行きました。

IMG_5522

原石嬢と巡り会えるか!?

とりあえず、Soi6を一周してみることに。ゴールデンウィーク中なので、日本人のお客さんが多いですね。まぁ多いと言っても割合的に前回より多く見かけるくらいですが。

Soi6置屋街を歩いていると、多くのレディーから声を掛けられます。

「あなた~」、「日本人?」、「飲む!」などカタコトの日本語で話しかけられ、つい「んー?」と答えてしまうと、バーの中へ連れて行かれそうになります。

笑顔で「ごめんねー」とお断りをし、Soi6を見て回ります。

IMG_5525IMG_5526IMG_5528

“可愛い子いますね!”

原石!めちゃめちゃ可愛い!とまでいかないにしも、「可愛いなこの子」と思える女の子は数名いました。しかし私が行ったときには他のお客さんと飲んでおり、一緒に飲めない・・・。

どうしようかなと徘徊していると、

タルンなレディーがともぞうに襲いかかる

あるバーの前を通りかかったとき、いきなり嬢に手をつかまれ、「飲むよ!」と強引にバーへ連れて行こうとします!

どこで飲もうかと迷っていたので、「まぁいいや」とそのレディーと共にバーへ入店。

“その子がめちゃめちゃタルンだった!”(*タルンとは=スケベ、エロいという意味のタイ語です)

ソファーに座ると、彼女は私の足の上へ座り、いきなりのキス!そして彼女は注文したテキーラを一気に飲み干し、その後もどんどんタルンに!自身で胸やあそこを触りだしたと思いきや、私に直接触らせ「したい!」と言ってきます。

置屋ってこんなエロティックな所なんですね!普段ゴーゴーバーやディスコで女の子と会話し、少しのボディータッチしかしたことがないため、

“ビックリ!!”

私「何歳?」

彼女「25歳」

私「タルンだね!」

彼女「うん、今すぐ気持ち良くなりたい!」

私「いくら?」

彼女「バーに1000B、私に1000B」

え、高くないですか?ネットには”バーに300B、レディーに1000B”と書いてあったんですが。ゴールデンウィーク中だから値上げしてるんですかね?

もともとやる分のお金は持ってこなかったため、

私「ごめんね、今お金ないんだ」

彼女「ATMあるよ!」

嬢に今お金ないと言うと、ほとんどの嬢が「ATMあるよ」と言ってきます。ごもっともですが。笑

結局「ごめんねー」と彼女にチップ100B渡し→帰宅。

夕方のSoi6は可愛い子も数名いて、良い時間帯だと思います!

また、たまたまなのか?可愛い子が多いからなのか?”Ruby Club”というバー?にお客さんが多く入ってました。

再びソイ6を歩いてみた

今回は前回と違い、心に決めていたことがあります。

「今回こそは、やるぞ!」

20時の訪問です。

前回まで私の悪い癖で、

“妥協はしない!ソイ6で1番可愛い嬢とやるぞ!”と意気込みすぎて、結局見つからず→帰宅というパターンを繰り返していましたが、

今回やると決めたからには、

“初見で少しでも可愛いと思った嬢とやる!”ことに。

セカンドロードからソイ6に入り、20m程進んだバーに、

「いた!可愛い嬢だ!」

もちろんウォーキングストリートのゴゴ嬢と比べると容姿レベルは劣りますが、ソイ6では若くて可愛い方です!

すぐさま彼女を指名し、バーの中へ。

ここのバーはオープンスタイルではなく、マジックミラーの扉で、室内にバーがあるスタイルです。そこにはタルンの世界が。

すでに3人のファランがおり、彼らは嬢とイチャイチャ。

“この異空間の世界が置屋の醍醐味です!”

皆人目をはばからず、嬢と交わる。すごい世界ですよね!

私は店内一番奥のソファー席に案内され、嬢と着席。

はじめは何気ないトークのみをしていましたが、3分と経たないうちに嬢の攻めが始まります。

私の息子に手を当ててきたり、胸を強調してきたり、私の手を取り、自分の胸を揉ませてきたり、ソイ6の嬢は、

「すっげータルンだ!!」

我慢できなくなり、値段交渉。

私「いくら?」

嬢「バーに300B、私に1000B」

ネットで調べていた相場通りの料金です。しかし700BでもOKしてくれる嬢もいるという情報も得ていたため、

私「700Bじゃダメかな?」

嬢「えー…」

拒否反応です。しかしこの子は押したらいけそうな気がしたため、

私「お願い!今手元にこれだけしかないんだ!I like youなんだ!」

嬢「んー…しょうがない!特別にOK!なぜなら私明日から仕事休むんだ!今日が最後の出勤」

私「え!?なんで?」

嬢「明日豊胸しにバンコクへ行くの」

おおぉー!なんと私は、

“彼女の生チチを触る最後の男”

に選ばれたのです(おそらく)。

そして、バーに300B+ドリンク代200Bを払い、上のやり部屋へ向かいます。

・・・

「気持ち良いー!」

Dキスは拒否されましたが、その他はすべてOKしてくれ、気持ち良く抜けました。やや満足の結果です♪

DキスOKの嬢は少ないのかな?そういえばマッサージ嬢にもDキスを拒否されたな。

関連記事:タイのパタヤでオイルマッサージ…逝くー!

ちなみに

ソイ6のバーは午前1時には閉店しますが、その後も客を求め、路地に待機しているレディーボーイがいます。

以前私が2時頃にバイクで通りかかった際、2人のレディーボーイに聞いてみました。

私「いくら?」

1人は「500B」

もう一人は「タダ」

容姿は、”…”ですが、興味がある方はどうぞ。

*最近、フリーのレディーボーイ売春婦たちによるスリ、暴行、睡眠強盗などの事件が多いので、ご注意を!

関連記事:パタヤの新しい置屋(バービア)”エキサイトクラブ”に行ってみた

2016年8月ソイ6を歩いてみた編

IMG_8576 IMG_8574 IMG_8575

時刻は22時。

ソイ6にいる嬢のレベルは分かっている。事前にハードルも十分下げて訪れたのだが、

「これはひどい・・・」

ソイ6の嬢のレベルは相変わらず低かったです。

個人的にソイ6は時間帯は重要だと感じていて、17時~19時の時間帯がゴールデンタイムだと思います。ゴールデンタイム=好みの子を1名は見つけられる程度ですが。

今回はソイ6のセカンドロードからビーチロードまで1度見ただけで、周回はしませんでした。